公益財団法人 スペシャルオリンピックス日本

ヘッダーナビゲーション
サイト内検索

提供:Yahoo! JAPAN


ユニファイドスポーツ/その他プログラム

スペシャルオリンピックスの様々な取組

スペシャルオリンピックスではアスリートたちにスポーツトレーニングの機会を提供するだけなく、スポーツを通して知的障害のある人、ない人が交流し、お互いを理解し合う「ユニファイドスポーツ」、彼らのさまざまな能力を高めることを目的とした「アスリート・リーダーシップ・プログラム」、アスリートの健康を増進し、医療・保健に携わる人たちに知的障害に対する理解を促進するための「ヘルシー・アスリート・プログラム」、そして、学校世代の若者を対象にした「学校連携プログラム」など様々な取り組みを行っています。
これらの活動を通して、スペシャルオリンピックスでは知的障害のある人たちの社会参加を応援し多様な人々が共に生きる社会創りに貢献していきます。

ユニファイドスポーツ(Unified Sports)

ユニファイドスポーツ(Unified Sports)とは、知的障害のある人とない人でチームを作り、練習や試合を行い、スポーツを通じてお互いに相手の個性を理解し合い支え合う関係を築いていく取組です。
スペシャルオリンピックス国際本部が推進しているプログラムの1つで、世界中で展開されており、世界大会公式種目としても実施されています。
障害の有無を越え、スポーツを通じて喜びや悔しさ、達成感など様々な経験を共有することにより、お互いの理解を深め、友情を育むことを目指しており、社会的インクルージョンの実現を促進することを目標としています。
ユニファイドスポーツでは、同年齢で競技レベルも同程度の人が集まることによって、より楽しく、より真剣にスポーツにチャレンジする環境を作り出します。

日本でも今後、ユニファイドスポーツを全国的に展開していきます。ユニファイドスポーツにご興味のある方は、各地区組織にお問い合わせください。

アスリート・リーダーシップ・プログラム(ALPs/アルプス)

アスリート・リーダシップ・プログラム(ALPs)とは、スペシャルオリンピックスにアスリート/競技者として参加するだけでなく、スペシャルオリンピックスで幅広く活動し、アスリートの可能性を広げるためのプログラムです。
同時に、アスリート・リーダーシップ・プログラムの活動に取り組むアスリートが活躍できる機会を広げるために、それを支えるボランティアのトレーニングと支援も行います。

プログラム内容

  • 各地区組織でアスリート委員会活動を推進するためのプログラム会議に取り組むアスリートのためのプログラム
  • メッセンジャー(スポークスパーソン)として、アスリート自らがスペシャルオリンピックスについて発信するための研修プログラム
  • スペシャルオリンピックスに理事として活動するためのプログラム
  • ボランティアとしてスペシャルオリンピックスに参加するためのプログラム
  • コーチとしてスペシャルオリンピックスに参加するためのプログラム

ヘルシー・アスリート・プログラム(HAP/ハップ)

ヘルシー・アスリート・プログラム(HAP)とは、アスリートの健康を増進し、競技会などで実力を最大限に発揮できるよう健診を行い、アスリート本人やコーチ、ファミリーに結果を伝えて、健康に対する意識や知識の啓蒙を行い、生活の質の向上を目指しています。HAPには6部門があり、各領域に対応しています。知的障害者の特性を理解した言語聴覚士、理学療法士、検眼士、栄養士、医師、歯科医師などがボランティアとして参加し、小学生から成人までのアスリートの健診や教育に従事しています。

  1. 身体の柔軟性やバランス(ファンフィットネス)
  2. 視力(オープニングアイズ)
  3. 口腔(スペシャルスマイルズ)
  4. 聴力(ヘルシーヒアリング)
  5. 足のケア(フィットフィート)
  6. 栄養・生活習慣(ヘルスプロモーション)

プログラム紹介

1.ファンフィットネス

2.オープニングアイズ

3.スペシャルスマイルズ

4.ヘルシーヒアリング

5.フットフィート

6.ヘルスプロモーション

7.担当理事の声

学校連携プログラム

学校と連携し、学校世代の若者を対象にスペシャルオリンピックスの活動を知ってもらう取り組みです。
日本では、2005年長野で開催されたスペシャルオリンピックス冬季世界大会に先駆け、県下約100校で実施されたのを始め、その後も小、中、高等学校、大学とスペシャルオリンピックスは様々な形で連携を進めています。
多様な切り口が可能なこのプログラムは、知的障害理解、心の教育、生きる力、人権、福祉、ボランティア活動、スポーツなど学校のニーズに合わせて用いられ、教育現場の課題解決への貢献も期待されます。


フッターナビゲーション