ファンフィットネス

ファンフィットネスの目的は、柔軟性、筋力、バランス、および有酸素運動能力を評価し、向上させることです。

理学療法士により、

  1. 大腿後面の筋肉、ふくらはぎの筋肉、肩関節の回旋および股関節屈筋の柔軟性
  2. 腹筋及びより下肢筋の機能的な筋力
  3. 片足立ちとファンクショナルリーチによるバランス
  4. 6分間歩行などによる有酸素運動能力の評価が行われます。

また、それぞれの身体能力の重要性と、ストレッチング、筋力増強、バランス向上、有酸素運動能力向上のための運動について指導が行われます。