公益財団法人 スペシャルオリンピックス日本

ヘッダーナビゲーション
サイト内検索

提供:Yahoo! JAPAN


アスリート・リーダーシップ・プログラム参加者の声

2006年に開催したアスリートメッセンジャー養成プログラムに参加した4人のアスリートメッセンジャーを紹介します。

2006年度メッセンジャー

赤星太郎(スペシャルオリンピックス日本・石川)

僕は、これからもずっとプログラムに参加して、スポーツを楽しみ、丈夫で元気な体でいたいと思っています。
また体を動かすだけでなく、準備や後片付、手伝いをする等、進んで出来るようになりたい思っています。そして、1人でも多くの人にスペシャルオリンピックスに参加して貰い、一緒に楽しい時間を過ごしたいと思います。

中村美穂(スペシャルオリンピックス日本・宮城)

スペシャルオリンピックスに参加して、一緒に運動をしてみませんか。
多くのコーチと一緒に、スポーツを指導して貰いながら、私達は、楽しく活動しています。疲れることもあるけど、プログラムを楽しくやりたいなぁーと思います。

西麻里梨子(スペシャルオリンピックス日本・大阪)

私は、お仕事くるしくてもストレスゼロになって元気をもらえるのでがんばろうと思いました。SOはもっともっと体が元気になってくれるのでうれしくおもっています。

工藤利博(スペシャルオリンピックス日本・熊本)

スペシャルオリンピックスをはじめて、障害者と健常者が仲間として走ることができました。世界大会があることを知って、走るのが楽しくなりました。


フッターナビゲーション