公益財団法人 スペシャルオリンピックス日本

ヘッダーナビゲーション
サイト内検索

提供:Yahoo! JAPAN


新着情報

ユニス・ケネディ・シュライバーさんの逝去に寄せて

2009年08月12日

スペシャルオリンピックス創設者であるユニス・ケネディ・シュライバーさんが、
2009年8月11日、アメリカ・マサチューセッツ州内の病院にて、88歳で
逝去されましたので、ここに哀悼の意を表すとともに、謹んでお知らせいたします。

ユニスさんは、1921年にケネディ家の三女として生まれ、故ケネディ元大統領を
兄に持ち、また、知的発達障害のあるローズマリーさんを姉に持ちました。

1962年夏、ユニスさんはメリーランド州に借りた自宅の庭で、知的発達障害
のある人たちを対象としたデイキャンプを実施し、水泳やサッカー、
レクリエーションなどのプログラムを行いました。この活動を起源として
スペシャルオリンピックス活動が始まり、1968年「第1回スペシャルオリン
ピックス国際大会」開催後の同年7月、「スペシャルオリンピックス(SO)
」を創設されました。昨年で40周年を迎えたSOは、世界180カ国で280万人の
アスリート、70万人のボランティアが参加するグローバルなムーブメントに
成長しています。

ユニスさんはスペシャルオリンピックスを通じ、知的発達障害のある人たち
のエンパワーメントを実現し、知的発達障害のある人たちに対する社会の
否定的な固定観念や差別的態度を変えるため、その生涯を捧げました。
ユニス・シュライバーという1人の女性が生涯貫いた信念が、社会を変えました。

今年はスペシャルオリンピックス日本創立15周年の節目の年でもありますが、
私たちは今後もこのユニスさんの意思と信念を継承し、今まで以上に
SOムーブメントの推進に努め、努力して参りたいと考えております。

スペシャルオリンピックス活動、そして世界中の多くの知的発達障害の
ある人たちの人生に希望の光と大きな影響を与え続けてきたユニスさんに
感謝し、心よりご冥福をお祈りいたします。


ウェヴサイトはこちら

フッターナビゲーション