公益財団法人 スペシャルオリンピックス日本

ヘッダーナビゲーション
サイト内検索

提供:Yahoo! JAPAN


新着情報

「第1回エールランin豊洲」 皆様のご参加・ご協力ありがとうございました!

2011年11月25日

「第1回エールランin豊洲」 皆様のご参加・ご協力ありがとうございました!

2011年11月9日(水)豊洲エリアにて、
「第1回エールランin豊洲 ~SON理事長有森裕子と走るチャリティランイベント~」
を開催いたしました。

第1回エールランはSON有森理事長と参加者133名のランナー、
そしてスペシャルゲストの森理世さん(SONドリームサポーター)が
レインボーブリッジや東京タワーなど奇麗にライトアップされた夜景の中を走りました。

当日沿道でコース誘導にご協力いただいたボランティアの方々もランナーに声援を送り、
また、ランナーの方々はボランティアの方やランナー同士でハイタッチをするなど
参加者全員が“ひとつ”になり、参加者全員でイベントを楽しんでいただくことができました。

<第1回エールランin豊洲>
目   的: ・スペシャルオリンピックス ムーブメント拡大
・来年2月に開催する「スペシャルオリンピックス日本第5回冬季ナショナルゲーム・福島」の大会支援
参 加 者: ランナー  133名 
ボランティア  62名
寄付金額:  488,000円   *「SON第5回冬季ナショナルゲーム・福島」の大会支援金として活用させていただきます。



-------------------------<参加者の皆様より嬉しいコメントをいただきました!>-----------------------------

●昨日はお疲れ様でした。とても楽しく過ごさせていただき、ありがとうございました。
私はいつも一人で気楽に走っているので、集団走ってどんな感じなのかしらと思っていましたが、有森さんと一緒に走れる事が魅力で、参加致しました。有森さんや森さん、ボランティアスタッフの皆さんのお声かけが豊富で、まんまと楽しく走ることができました。特に有森さんにハイタッチしてもらいつつお声かけいただいた時には、テンションがあがりまくりました!第二回があったらまた参加したいと思います。


●昨日は、お疲れ様でした。とても楽しい時間を過ごせました! また、有森裕子さんや森理世さんとも
ハイタッチができ、ランニング中もハイテンションでゴール目指して駆け抜けることができました。
今回、第一回目ということもありスタッフの方の苦労はかなりのものだったと思います。 特にランニング&懇親会ともなると受付から始まり、スタート時間の調整、ランニング終了後の移動や着替えの時間等を考えねばならず、大変だったと思います。スタッフの方に感謝です。
第二回目は、もっと職場のメンバーを巻き込んでエールランナーとして是非参加したいと思います。
ありがとうございました!

●先日の「第1回 エールラン in 豊洲」ではボランティアで参加させていだき、本当にありがとうございました。
”みんなで走る”ことで心が一つになり盛り上がることに驚きと感動を覚えました。ボランティアを含めると200名におよぶ参加者をコントロールすることは本当に大変であったと思います。同イベントが大成功に終わったことはスタッフの皆さまのお力だと思います。お疲れ様でした。



今回、初めて開催いたしましたエールランイベントを無事成功することができましたのも、
開催するにあたり、実行委員会を結成し準備から当日の運営までご協力をいただきましたSCSK株式会社様、
また、エールランにご賛同いただきご協力くださいました企業・団体の皆様、
そして、エールランにご参加いただきましたランナー、ボランティアの皆様のお陰さまと、
心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。


<第1回エールランin 豊洲>
アルバム写真:http://p.tl/WKQH
USTREAM: (懇親会)http://www.ustream.tv/recorded/18405104
  (ランニング)http://www.ustream.tv/recorded/18404411



<SON第5回冬季ナショナルゲーム・福島> http://son-fukushima.jp/song2012
<エール募金 for SON冬季NG・福島> http://www.son.or.jp/bokin

<SOオリジナルシューレースで繋がろう!> http://www.songoods.com


フッターナビゲーション