公益財団法人 スペシャルオリンピックス日本

ヘッダーナビゲーション
サイト内検索

提供:Yahoo! JAPAN


新着情報

【2014福岡大会】2014年第6回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・福岡(大会速報)

2014年11月05日



11月1日(土)に開幕したスペシャルオリンピックス2014福岡は、
47地区より、1568名の選手団が参加し、各会場で熱戦が繰り広げられました。

アスリートたちの一生懸命スポーツに取り組む姿は
大会にかかわるすべての人たちの心を動かし、
熱気と笑顔、そして沢山の感動に包まれた大会は、
3日(月・祝)に無事に閉幕いたしました。

大会を無事終えることができましたのも
大会開催にあたりご支援、ご協力いただきました全ての皆様、
そして大会を支えてくださいましたボランティアの皆様のお蔭様と
心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。


■大会公式記録はこちら■

2014年第6回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・福岡 大会速報

1)選手団人数:1568名 
- アスリート 975名
- コーチ・役員 593名

2)参加地区:47地区組織(都道府県) ※内、3設立準備委員会
<地区組織>
北海道、青森、秋田、山形、宮城、福島、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、静岡、長野、
新潟、富山、石川、岐阜、愛知、滋賀、三重、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、
広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
<設立準備委員会>
岩手、茨城、福井  

3)大会関係者:461名
- 大会役員 20名
- 実行委員会 147名 ※大会役員含む
- 競技役員 314名

4)来賓:474名

5)参加ボランティア: 延べ 4,868名 (2014年10月31日~3日※4日間

6)観覧者数:3日間延べ 約13,000名 ※概算
- 開会式  2014年11月1日 約5,000名
- 競技会場 2014年11月2日~3日 約5,000名
- 閉会式  2014年11月3日 約3,000名

7)大会参加者総数:20,119名(ボランティア数及び観覧者数はのべ換算)

8)ヘルシー・アスリート®・プログラム:延べ990名  
- スペシャルスマイルズ(口腔)335名
- オープニングアイズ(眼科) 180名
- ヘルシーヒアリング(聴力) 200名
- ヘルスプロモーション(栄養・生活習慣) 137名
- フィットフィート(足のケア) 103名
- ファンフィットネス(理学療法) 35名

9)取材報道機関:30社 ※2014年11月1日~3日(開閉会式含む)

10)来賓、ドリームサポーター、ゲスト、司会、ビデオメッセージ (開閉会式)
<開会式>
高円宮久子妃殿下 (御言葉)
安倍晋三内閣総理大臣(ビデオメッセージ)
キャロライン・ケネディ駐日米国大使(ご挨拶)
文部科学省 郷家康徳 障害者スポーツ振興室長(文部科学大臣祝辞 代読)
小川洋福岡県知事(ご挨拶)
スペシャルオリンピックス国際本部 ティモシー・シュライバー会長(ご挨拶)
スペシャルオリンピックス国際本部グローバルアンバサダー 中田英寿様(開式通告)
スペシャルオリンピックス日本ドリームサポーター 森理世様(司会)
スペシャルオリンピックス日本ドリームサポーター 北澤豪様(トーチラン)
スペシャルオリンピックス日本ドリームサポーター 佐藤真海様(トーチラン)
スペシャルオリンピックス日本ドリームサポーター 柴田亜衣様(トーチラン)
君原健二 様(トーチラン)
小鴨由水 様(トーチラン)
MISIA 様(アトラクション)
浦田典明NHK福岡放送局アナウンサー(司会)

<閉会式>
スペシャルオリンピックス国際本部 ティモシー・シュライバー会長(ご挨拶)
富田薫KBC九州朝日報道アナンサーアナウンサー(司会)
奥田智子KBC九州朝日報道アナンサー様(司会) 




皆様のご支援ご協力に心より感謝申し上げます。
今後ともスペシャルオリンピックス日本を宜しくお願いいたします。

フッターナビゲーション