公益財団法人 スペシャルオリンピックス日本

ヘッダーナビゲーション
サイト内検索

提供:Yahoo! JAPAN


注目情報

キャロライン・ブービエ・ケネディ駐日米国大使を表敬訪問

2014年04月15日

2014年2月7日(金)、有森裕子理事長と三井嬉子会長がキャロライン・ブービエ・ケネディ駐日米国大使を表敬訪問しました。
スペシャルオリンピックスの創設者であるユニス・ケネディ・シュライバーのご親族であるケネディ大使へ、日本でのスペシャルオリンピックス活動の状況や今後の課題についてお話し、
スペシャルオリンピックス日本の活動へのご協力をお願いしました。


写真:左から有森裕子理事長、キャロライン・ブービエ・ケネディ駐日米国大使、三井嬉子会長

<キャロライン・ブービエ・ケネディ駐日米国大使からのお手紙>

“Dear Mitsui-san and Arimori-san,

Thank you for your recent visit to U.S. Embassy in Tokyo. I was excited to hear your passion for the Special Olympics, which promote human dignity and communication through sports.

The United States shares these goals with you, and I strongly believe in the power of sports to bring our nations together. Programs that build mutual understanding between the United States and Japan have been a hallmark of our alliance for decades, and that friendship grows stronger thanks to organizations that celebrate diversity and the human spirit.

I wish the very best to you and all the supporters and staff at Special Olympics Nippon.

Sincerely,
Caroline Kennedy”

「この度は、米国大使館へお越しいただきありがとうございました。スポーツを通じて人間の尊厳と交流を促進することを目的としたスペシャルオリンピックス活動への強い想いを伺い、大変嬉しく思います。

アメリカ合衆国は皆様の活動のゴールを共有し、また、私は国と国を結ぶスポーツの力を信じています。アメリカ合衆国と日本国の相互理解を築く活動は私たちの何十年にもわたる同盟の証であり、多様性や人間の精神を尊重するスペシャルオリンピックス日本のおかげで、私たちの友好関係は今後より強くなります。

スペシャルオリンピックス日本のサポーター、そしてスタッフ皆様のご活躍をお祈りしています。」

(訳:スペシャルオリンピックス日本)

日本でのスペシャルオリンピックスの活動が今後より広がるよう努力してまいりますので
今後とも何卒宜しくお願いします。


ローカルナビゲーション
  • 注目情報
PR情報

フッターナビゲーション